悔しさはバネになる

社員や上司に給料も低くシカトされ、お前のせいでストレスが溜まるんだ!私は以前結構ありました、だから転職・副業しました。なんで他人のせいでこちらがストレスが溜まるなら俺が辞めてやるよ!悔しい気持ちがあったらすぐ転職・副業しましょう。

転職

50代の転職で失敗する理由とは何?(Job change)

転職

50代の転職で失敗する理由とは何でしょうか?

こちらのページでは、50代で転職するより先に見込んでおきたいこと、

  • 50代での転職、失敗に終わる人
  • 50代での転職、成功する人

に関して解説していきます。是非ともご参考にしてください。

50代で転職するより先に見込んでおきたいこと

転職

転職は困難だと叫ばれる50代ですか、ここにきて50代の転職者数は増加傾向にあります。

こちらの記事では、50代転職の現実について心得ていきましょう。

  • 50代の転職者は割合と多い
  • 成功率に関しては40、60代と比べて低い
  • 転職期間に関しては少なくても半年

では、各々以下に詳しくアナウンスしていきます。

50代の転職者は割合と多い

転職が困難だと叫ばれる50代ですが、

実際の所45~64歳の転職者は108万人いて、これについては全転職者数の30%を占有しています。

また、50代の転職者が他年代と同じくらいたくさんいることがわかります。

成功率は40、60代と比べて低い

それとは別に、厚生労働省の統計に因れば、50代の転職入職率のパーセンテージはとりわけ低くなっており、これ以外の年代と対比しても、はるかに転職のハードルが高すぎることがうかがえます。

50代の入職率というのは、次にあげる理由から落ち込んでいるのです。

  • 若い人とは異なりコストが要される
  • 勤続年数が短い
  • 体力的に厳しい

一方で60代になったら、非正規雇用がたくさんになって、人件費がダウンするため、50代と比較して転職成功率がアップします。

転職期間は少ない場合でも半年かかる

また、50代の転職活動というのは長期化することが多いです。

エン・ジャパンのリサーチによると、50代のおおよそ70%が、転職先が決定されるまでに半年以上必要になっています。

年代が上がりましたら、採用側の企業が求める能力または経験、それから、転職者が求める年収やポジションというような条件レベルもアップするため、転職先が決定されるまでに時間が取られることが大半です。

これらを踏まえて、転職活動に時間が取られる人、失敗しやすい人の特徴につきまして、経験談をもとにアナウンスしていきます。

50代での転職、失敗に終わる人

転職

50代の転職成功率というのは、これ以外の年代と比べ落ち込んでおり、また、長期化することが多いです。

私の経験からすると、次にあげるような方に関してはとりわけ転職が失敗に終わるリスクが高くなっております。

  • 自分の強みを言うことができない
  • 転職に求める条件が高過ぎる

こちらでは、転職活動に有利ではない特徴について、経験談をもとにレクチャーします。

自分の強みを言うことができない

一番初めに、自分の強みをうまく話すことができず転職に失敗した場合です。

自分自身の強みをはっきりとアピールすることができない人が雇用されることは極めて困難を伴います。

これを受け、ここに至るまでの社会人経験や身に付けたスキルを有効活用し、どういった具合に会社に寄与していけるのかをちゃんと言葉で伝えることを欠かすことが出来ません。

そうするためには、自分自身の市場価値をちゃんと理解することが重要になります。

転職に求める条件が高過ぎる

続いて、企業に求める条件が高すぎて、転職がうまくいかなかった場合です。

これまで就いていた仕事の条件と比較をして、年収または待遇、仕事のやる意義につきまして、高い理想を持ちつつ転職活動を展開している方は少ないとは言えません。

50代からの転職は全て希望が叶うものではないと覚悟した方が良いでしょう。

50代での転職は容易ではありませんが、別の会社からも欲しがられるようなスキルや経験があるのなら、年収をキープ、あるいはアップさせて転職をすることだってできるのです。

次に実際に転職に成功した人の実例を見てみることにします。

50代での転職、成功する人

転職

50代での転職に成功する人の特徴としまして、次にあげる2つが存在します。

  • 高いレベルの専門性またはマネジメント能力を保有している
  • 転職先に求める条件が高すぎない

高いレベルの専門性またはマネジメント能力を保有している

まず、別の会社からの受けが良くなる経験や実績を積んできた方というのは、転職がうまくいく確率が極めて高いです。

実際のところ、豊富な経験を持っている所は魅力になって、戦力となれば年齢は関係ないと考える企業もかなりあります。

高いレベルの専門性やマネジメント能力を保有しているのだとすれば、積極的にこういったものをアピールしていくことが大事だと思います。

転職先に求める条件が高すぎない

この次は、企業に多くを求めず、あなた自身に重要度が最も高い条件に絞り転職先を定めたケースです。

年収はちょっとダウンしてもそれ以外の面で満足感を得られればよいというみたいに、転職に求める条件につきまして、少しは妥協をしています。

こういった風に、50代からの転職はあらゆる希望が叶うものではないと覚悟した方が良いでしょう。

20代~50代の人材紹介

ハイクラス人材紹介サービス【コトラ】

コトラ:公式ページ
コトラ:公式ページ

年齢別転職サイト

転職

転職エージェントを検討する方は、転職成功する人が多くなります、是非ご検討いたしましょう

20代転職30代転職

40代転職50代転職

元大手エージェントから転職サイトの登録は3社以上使った方がホワイト企業に行ける可能性が高いそうです。
リクナビNEXT
リクルートエージェント
転職なら【doda】
マイナビエージェント
パソナキャリア

「リクナビNEXT」+「リクルートエージェント」は同じリクルートであっても両方に入っていることはないので3つ以上登録がオススメです。

悔しさはバネになる

ずっと悔しい気持ちがあって、転職・副業しました。低賃金はお前のストレス解消の奴隷じゃない、私は内向的だったのであの嘘を言えない人間でした、仕事もしないでせっせと社長の機嫌を取る人間と一緒には働けないです。

≫まずは転職をここから始めよう

悔しい気持ちがあって副業で少しでも稼いだら、自信をもって辞めてやろう!

≫我慢するなら副業から

覚えておいてほしい、悔しさは放置してたら後悔になる、今の悔しさを戦えば絶対良くなる。個人の感想ですのでちょっとだけ思ってください。