悔しさはバネになる

社員や上司に給料も低くシカトされ、お前のせいでストレスが溜まるんだ!私は以前結構ありました、だから転職・副業しました。なんで他人のせいでこちらがストレスが溜まるなら俺が辞めてやるよ!悔しい気持ちがあったらすぐ転職・副業しましょう。

介護

介護職は未経験でも転職可能?介護職未経験者が知ってくべきこと!

介護

「未経験で介護職に転職しようか考えているけれど、色々と不安です」

今回はそんな声にお応えするべく、介護職未経験者が知っておくべきことについてお話していきます。

未経験者向けの職種、未経験者が働く際の現場での動き・主な仕事内容などについても触れていきます。

これから介護業界に飛び込んで活躍したい、色々な人の役に立ちたいと考えている人は、是非チェックしてみてください。

ご自宅で介護したい人は介護用品:カスタマをご確認ください。
≫★高品質・低価格の介護ベッドなら【カスタマ】

介護職未経験者が転職する際に知るべきポイント

介護

それでは介護職未経験者が業界へ転職をする際に知るべきポイントについてお話してきます。

主に5つの重要なポイントがありますので、未経験者はすべての項目をしっかりチェックしていきましょう。

そして改めて介護の世界で頑張っていけるか、今後採用されるまでにどのように動くべきなのかを確認していきましょう!

介護が未経験者向けの職種

まずお伝えしたいのが、介護関連の経験がない人でも採用されるケースは十分にあるという点です。

もちろん資格や経験が必須な働き方はあります。

ですが、「介護士・介護職」であれば未経験者でも働くことができるのです。

逆に

  • 「生活相談員」
  • 「ケアマネージャー」
  • 「介護福祉士」

などの働き方は、資格や経験が必要ですので、未経験者がいきなり採用されることはないでしょう。

資格や経験が必要な求人のほうが内容が魅力的に感じるかもしれませんが、未経験者が介護業界へ転職をする場合には、未経験者でも働ける・採用される求人に応募する必要があります。

身体介護が基本的な仕事

次に未経験者が必ず知っておくべきこととして、身体介護が基本的な仕事になるという点です。

  • 身体や髪を洗う入浴介助
  • おむつ交換やトイレ誘導の排泄介助
  • 着替えの手伝いの更衣介助

他にも食事が自分で食べられない利用者さんへの食事介助。
ベッドから車椅子や車椅子での移動などの移動介助などが挙げられます。

日常生活の介助が基本的な仕事になることが多いので、これらを大変だと感じる人は介護の仕事は難しいかもしれません。

特に未経験者から介護の仕事に入る人は、高齢者のオムツ交換の際に付着した便のケア、お尻拭きなどが辛いと感じるケースもあります

職場にもよりますが介護の仕事はこのような様々な介護・お世話を心を込めて行う仕事だと知っておいてください。

職場次第では生活援助も

また職場次第では生活援助等のサポートも行います。

例えば掃除や洗濯などのお世話、買い物や食事の準備。

このようなちょっとした生活援助なども行う現場もあります。

介護保険で行える生活援助のサービスなどは、利用者さんが自分できないことの対象ですので、生活援助として仕事に入る場合があるのです。

具体的な施設例

ここからは未経験者も採用してもらえる具体的な施設・現場について一例を挙げましょう。

  • 入所系の施設…老人ホームを始めとする入所施設で、常に介護を必要とする入居者の方のサポート、ケアを行う。
  • 通所系の施設…デイケアやショートステイなどの施設で介護を行う、入所系の施設と比較すると身体介護の負担が少ない。
  • 訪問介護…・実際にお宅を訪問して介護を行う。入浴専用車を用いた訪問入浴介護などのお仕事もある。一人で訪問の場合もあり自身での判断力が必要になる

このような3つのパターンにわかれます。

介護関係の仕事と聞いて一番にイメージするのが入所系の施設かと思いますが、実は介護のお仕事には上記のようにいくつかの系統にわかれているのです。

未経験から資格取得も視野に

未経験から介護業界に入る場合は、仕事をしながら経験を積み、そして資格取得も視野にいれると良いでしょう。

未経験で介護の仕事を頑張りながら、介護関係の専門・関連資格を取得していくのが理想的なキャリアアップの流れですね。

実務経験を積み、また少しずつ知識面でも勉強も進めていけば、資格取得までは意外とすんなりいくもの!

もちろんそれなりの努力は必要になりますが、資格の難易度にもよりますので一概には言えない部分です。

ですが、資格を持っていれば昇給などにつながるケースも多いので頑張りがいがあります。

また仮に次に転職をする機会があっても、資格を持っている分、資格取得者のみ募集している求人に応募できたり、採用時に優遇されるケースもあります。

そういった意味でも未経験者として介護関係の職場に就くことができたら、今後のことも考え資格取得のために少しずつ動いていくのも良いかもしれませんね。

未経験者でも介護職への転職は現実的に可能

転職

今回は未経験者でも介護関係の仕事へ転職できる例、具体的な仕事内容についてお話してきました。

  • 未経験者でも介護のお仕事に採用される
  • 身体介護が基本的な仕事であるケースが多い
  • 職場次第では生活援助等のお世話のお仕事も
  • 入所、通所、訪問などお仕事の場もいくつかある
  • 未経験から資格を取得していくのが理想的な流れ

このように未経験者でも採用されるケースは有り、そこからキャリアを積んでいくことができるお仕事でもあります。

また今では介護や医療業界に強い転職エージェントなどもありますので、そういったところを経由して未経験OKな求人に応募することをオススメします。

介護業界の詳しい話や応募候補の詳細なども確認した上で、未経験でも頑張っていける現場かを確認してから応募するのが良いですね。

ただし、先の項目でも少し触れましたが未経験者が生半可な気持ちで入る現場ではありません。

ある程度の事前知識や熱意、頑張ろうという気持ちがなければ忙しさや過酷な環境に折れてしまうでしょう。

それでも利用者さんの笑顔、ありがとうの言葉などが励みになり、日々やりがいを感じながら介護の仕事に誇りを持っている人も少なくありません。

もしあなたが本気で介護の業界に飛び込むなら、未経験者でも採用してくれる現場で先輩たちに仕事を教わりつつ、地道に経験を積みながら日々の仕事をこなせるように動いていきましょう!

介護業界一覧

介護業界
介護業界:転職サイト・転職エージェントおすすめ10選介護業界:転職サイト・転職エージェントおすすめ10選、、5年後を検討すると必ず年収が上がる傾向が高い職種です、今のうちの上位職種になれば確実に良くなる部分です、そしてIT企業やIOT企業が楽にする機械を開発、そのため「考える介護士」が必要なってきています...

1年目 20代 30代 40代 50代 IT IT/Web YouTube せどり まとめ オススメ スキル フリーター フリーランス ブログ プログラミング ポイント 一般転職 中小企業 介護 介護業界 価値 初心者 初心者向け 副業 問題 営業業界 在宅ワーク 失敗 成功 服飾 未経験 特化ブログ 理由 異業種 看護師 第二新卒 第二新卒サイト 第二新卒特集 経験 言語 転職 転職サイト 飲食店 飲食転職

介護転職

介護

介護はブラック企業が多いですが、ホワイト企業もおります、コロナ対策や主婦でも出来る人や結婚した人への対応が良い会社もあります、大手よりも中小企業の方が安全と言う話もあります、転職する際は転職エージェントに必ずブラック企業か聞いてみてください

介護オススメランキング
転職相談無料・全国30カ所【キャリアスマイル】
ヘルパーなどの介護職の転職なら【マイナビ介護職】
介護求人専門の転職サイト【ココカイゴ転職】
介護・福祉の転職サイト『介護JJ』
非公開求人に強い介護職求人サイト「ケアジョブ」
介護の転職なら『クリックジョブ介護』
新着求人毎日更新中 介護求人のリアルジョブ介護 
介護専門求人サイト かいご畑
東京限定:介護士の転職なら「きらケア求人」
地域密着の転職サポート【介護転職なら介護ワーカー】

日本初の「介護×美容」専門のプロスクール【介護美容研究所】。 介護の現場で活躍するメイク・ネイル・アロマのプロ「ケアビューティスト」を育成する介護美容研究所なら、 第一線で活躍する講師陣からプロの技術を学べます

介護美容研究所:資料無料ページ

SMART合格講座

就職対策:SPIテスト、今の転職にはSPIテストが必須です、皆さん自信ありますか?面接行く前にスマホで対策していくはオススメです。

転職が決まったら不要ですが、何度も面接行って落ちてる人は「SPIテスト」の対策は不十分ではないでしょうか?SPIテストが悪い人は受からないです、そのためにこのシステムを会社が入れています。

詳細ページ公式ページ

 

 

悔しさはバネになる

ずっと悔しい気持ちがあって、転職・副業しました。低賃金はお前のストレス解消の奴隷じゃない、私は内向的だったのであの嘘を言えない人間でした、仕事もしないでせっせと社長の機嫌を取る人間と一緒には働けないです。

≫まずは転職をここから始めよう

悔しい気持ちがあって副業で少しでも稼いだら、自信をもって辞めてやろう!

≫我慢するなら副業から

覚えておいてほしい、悔しさは放置してたら後悔になる、今の悔しさを戦えば絶対良くなる。個人の感想ですのでちょっとだけ思ってください。