悔しさはバネになる

社員や上司に給料も低くシカトされ、お前のせいでストレスが溜まるんだ!私は以前結構ありました、だから転職・副業しました。なんで他人のせいでこちらがストレスが溜まるなら俺が辞めてやるよ!悔しい気持ちがあったらすぐ転職・副業しましょう。

看護師

看護師の夜勤が嫌いな人が選ぶべきオススメ転職先

看護師

今回は看護師で夜勤が嫌いな人へ向けて、同じように夜勤が嫌い、苦手な人が選んでいる転職先についてお話していきます。

人によって様々な問題がありますが、根本的に「夜勤」は人の健康を損ねてしまいかねない働き方でもあります。

だからこそ体の不調や心の不調を感じたならば、夜勤のない勤務先への転職を前向きに考えるべきとも言われているのですね。

ここでは夜勤のない転職先や探し方、そして同じように夜勤が嫌い・苦手な人がそう考える理由についても触れていきたいと思います。

ホワイト企業に行きたい人は必見、知らない人への探し方
ホワイト企業に入る為の「3つの特徴」「3つの探し方」「3つの重要ポイント」

看護師が夜勤を嫌う理由

看護師

まずは看護師が夜勤を嫌う理由ですが、これはいくつもの理由が存在します。

  • 体力的な問題で夜勤がつらい
  • 夜勤が少なく作業負担が大きい
  • 夜勤が少なく責任の負担も大きい
  • 二交替や三交替でリズムが崩れる
  • 夜勤スタッフの人間関係が難しい

どれか1つだけでもつらいのに、複数の理由が重なろうものならつらさも倍増です。

実際にいくつもの「つらい理由」が負担になり、夜勤がつらい、続けるのが難しい、会社をやめたいと感じる人は少なくありません。

体の負担、心の負担の両方に重くのしかかってくる勤務体系でもあるので、夜勤が嫌いな看護師が多いのにも納得ですね。

夜勤が嫌いな看護師にオススメな転職先

看護師

ここからは夜勤が嫌いな看護師にオススメな転職先についてお話していきます。

夜勤が嫌いで転職をした人の声を聞くと、もっと早く転職しておけばよかったと満足している人が多いのが特徴的です。

今では看護師に強い転職エージェントなども増えています。

なかなか夜勤のない勤務先を探すのは難しいと思いがちですが、看護師の求人が多い特化型のエージェントであれば、夜勤なしで給与や休日条件の良い求人は見つかるもの。

夜勤が嫌い、つらいと悩んでいる人は、看護師特化のエージェントを上手に活用しつつ、これからお話するような夜勤なしの勤務先への転職を検討するのも良いのではないでしょうか。

クリニック

まず夜勤が嫌いな人へオススメな転職先として挙げられるのがクリニックです。

このクリニックは診療所など小規模な病院を指し、勤務する曜日や時間が固定の場合が多いです。

また極端に長い残業も発生しにくく、ライフスタイルが乱れることが少ない勤務先として人気。

注意点としては看護師の電話対応や備品管理、その他の雑事などが多い勤務先もあり、一人で多くの仕事をこなさなければならないケースもあります。

とは言え夜勤がないので、仕事と家庭を両立しやすい職場として夜勤が嫌いな人にはピッタリな勤務先だと言えるでしょう。

美容クリニック

次に美容クリニック関連も夜勤が嫌いな看護師にオススメの転職先です。

美容クリニックや脱毛クリニックなどが該当し、看護師の資格を持っている人が有利に転職できます。

職場が綺麗で勤務体系もほぼ固定なので、小規模クリニック同様に仕事と家庭の両立がしやすい職場です。

注意点として、クリニックによっては(担当する仕事次第で)ノルマが課せられることもあるので、そのあたりも含め事前に確認が必要です。

※ただし、この辺りの内部事情などは転職エージェントを活用すれば事前に避けられる部分でもあるので、過度に神経質になる必要はないでしょう。

介護関連

また介護関連の転職先も夜勤が嫌いな人におすすめです。

夜勤もほぼなく、それでいて程よい忙しさでやりがいを感じられる転職先ですね。

また毎日の仕事もある程度は同じなので、一度仕事を覚えてしまえばキビキビと業務に勤しむことができるでしょう。

逆に言えば毎日の仕事が作業的な部分もあるので、スキルアップ・キャリアアップを求める人には向かないかもしれないという点を覚えておきましょう。

健診センター

夜勤がない仕事として挙がる健診センターについても触れていきます。

健診センターはその名の通り健康診断や人間ドックを行う場です。

身長や体重測定、視力や聴力検査、そして採血や各種検診・検査の診察介助が主な仕事です。

※夜勤は基本的にありませんが、健診センターの規模次第では宿泊を伴う出張健診などがあります。

最も重要なのは採血のスキルと言われているので、採血が苦手な人にとっては苦痛を感じるかもしれません。

ただ高い臨床スキルは求められないので、基本的なスキルや知識があれば毎日残業もなく、作業的な仕事をこなしていく職場が多いです。

人によって合う合わないはあると思いますが、夜勤が嫌いな看護師にとっては選択肢に入る転職先だと言えるでしょう。

保育所

最後に夜勤がない転職先としてオススメな保育所についてお話していきます。

保育所(保育園)は当然ですが夜勤はなく、保育所に通う子どもたちのサポートをするお仕事です。

子供のケガの対応から、場合によっては保育所便りなどを作成することもあり、保育所の一員としてやりがいが感じられる職場が多いですね。

注意点は、基本的に看護師は保育所に1名であることが多いので、緊急時の判断や対応も自分ひとりで行わなければなりません。

大きな怪我はめったにありませんが、それでも万が一の際には迅速に対応する気構えが必要になるでしょう。

ちなみに小児科での勤務経験があれば有利ですが、看護師として経験があれば充分に採用される可能性はありますので、子供が好きな看護師の方は転職先候補として検討してみるのも良いのではないでしょうか

夜勤が嫌いな看護師は無理をせずに自分に合った転職先を探そう

看護師

今回は夜勤が嫌いな看護師にオススメの転職先、夜勤を嫌う理由などについてもお話してきました。

  • 夜勤を嫌う理由は人それぞれ
  • 身体も心もつらくなるのが夜勤
  • 夜勤がない勤務先は実は意外と多い
  • 休日や給与体系が良い勤務先も多い
  • 看護師特化の転職エージェントがベスト

夜勤が嫌い、つらいと感じるならば無理に今の職場で頑張り続ける必要はありません。

無理に嫌いな夜勤を続けても体や心を壊してしまうだけ。

だからこそ不調を感じたら早め早めに転職を検討することをオススメします。

幸い今では看護師の転職に特化した転職エージェントを活用すれば、条件が良い求人探しに困ることはありません。

むしろ今よりも給与面でも福利厚生や働き方の面でも格段に勤務環境が向上したなんてケースも少なくありません。

心や身体が不調を訴える前に、夜勤がなく給与や休日、そして職場環境が良い転職先を探し、心身ともに充実して働ける職場への転職を成功させましょう!

看護師転職

看護師

「看護師転職」では有名な大手サイトしかありませんが、異業種転職を考える場合、まず「異業種転職」からスタートしてください

看護師転職は大手医療・中小企業など転職エージェントからスタイルに合わせたオススメ紹介などが便利です

看護師転職

看護師の転職なら【医療ワーカー】
看護師求人紹介 実績No.1【ナース人材バンク】
看護師専門の転職支援サービス:「マイナビ看護師」
看護師さんの紹介会社を選ぶなら【ナースパワー人材センター】
看護師の求人・転職・募集なら【看護のお仕事】
看護師の転職支援はディップ「ナースではたらこ
看護師応援プロジェクト実施中!看護師転職サイト「ナースJJ」
元大手エージェントから転職サイトの登録は3社以上使った方がホワイト企業に行ける可能性が高いそうです。

異業種転職

リクナビNEXT
リクルートエージェント
転職なら【doda】
マイナビエージェント
パソナキャリア

「リクナビNEXT」+「リクルートエージェント」は同じリクルートであっても両方に入っていることはないので3つ以上登録がオススメです。

SMART合格講座

就職対策:SPIテスト、今の転職にはSPIテストが必須です、皆さん自信ありますか?面接行く前にスマホで対策していくはオススメです。

転職が決まったら不要ですが、何度も面接行って落ちてる人は「SPIテスト」の対策は不十分ではないでしょうか?SPIテストが悪い人は受からないです、そのためにこのシステムを会社が入れています。

詳細ページ公式ページ

 

 

悔しさはバネになる

ずっと悔しい気持ちがあって、転職・副業しました。低賃金はお前のストレス解消の奴隷じゃない、私は内向的だったのであの嘘を言えない人間でした、仕事もしないでせっせと社長の機嫌を取る人間と一緒には働けないです。

≫まずは転職をここから始めよう

悔しい気持ちがあって副業で少しでも稼いだら、自信をもって辞めてやろう!

≫我慢するなら副業から

覚えておいてほしい、悔しさは放置してたら後悔になる、今の悔しさを戦えば絶対良くなる。個人の感想ですのでちょっとだけ思ってください。