悔しさはバネになる

社員や上司に給料も低くシカトされ、お前のせいでストレスが溜まるんだ!私は以前結構ありました、だから転職・副業しました。なんで他人のせいでこちらがストレスが溜まるなら俺が辞めてやるよ!悔しい気持ちがあったらすぐ転職・副業しましょう。

転職

20代の転職に企業が求めているものとは?(Job change)

転職
転職&副業
転職&副業

会社が不安な人は「転職」「副業」「プログラミング」など今の状況を打開するための準備です。不安が分かっていれば恐れる必要もありません。 Twitter:フォロワー10000人。
急ぐ必要なない!何でもゆっくりやる方が安全!
≫ホワイト企業に入る為の「3つの特徴」「3つの探し方」「3つの重要ポイント」
≫転職:年齢別目次 ≫ブログの作成方法

20代の転職に企業が求めているものとは何でしょうか?こちらの記事では、企業が20代の転職に求めているものについて詳しく解説します。

就職や転職する時にみなさんは履歴書や面接で、自分を売り込みたい一心から一方的に熱意を述べてしまう人も多いのではないでしょうか。中途採用の面接というのは、新卒採用の面接とは異なり、差し当たって熱意と気概を示せば採用されるといった考えは甘いです。

主体的にアピールするのは良いことではあるのですが、結局のところ企業は求職者の視点などは思っている以上に気に掛けいなくて、その人は自分の会社で戦力として働けるかどうであるのかしかチェックしていないという事実も忘れないようにしておいた方がいいでしょう。

本当のことを言うと、企業というのはどういう部分を求めているのか、どうしてその人を採用したいのかは、年齢が異なれば大きく違ってくるのです。

それでは今回に関しては、20代の転職者に企業が求める資質、気にかけておくべき当該の特有の弱点・デメリットも含めて考察してみたいと思います。

自分の年代の理想像を実感し、適切にアピールすることで、本命企業の面接を乗り越えていくことが大切です。

20代の転職者に求められる資質とは?

企業はよく20代の人に求める資質と言いますと次に挙げるようなものが見受けられます。

  • 素直で僻んだところがなく指導を行ないやすい
  • 勢いと行動力が見られる
  • 新たな環境や社風、慣習に適応しやすい
  • ビジネスマナーを認識している
  • 学習能力があって時間をかけず戦力になる

また、20代といった一括りでも、前半と後半で少し異なってきます。

20代前半の人に対しましては、現実に仕事に就いた経験が浅くても仕方ないと見られることがほとんどです。その割合に応じて、意欲と行動力が重要視され、入社したら時間をかけず戦力になれると想定されると採用される可能性が高いです。

一方で、20代後半になると一定の現実に仕事に就いた経験や実績が求められるでしょう。企業の規模などによって即戦力として扱われるケースもかなりあるそうです。

20代の転職者の弱点やデメリット

企業が考える20代の人の弱点、デメリットに関しては、次に挙げるようなものが見受けられます。

  • キャリアの浅いため即戦力になりづらい
  • はたして成果を出せるかが不透明
  • 前職を短期間で辞職した場合、定着しない可能性も想定できる

20代の転職というのは、全体を通じてポテンシャル採用の割合が高いので、こちらの年代であれば情熱ややる気をあるレベル以上アピールすることで、現実に仕事に就いた経験に欠けても面接に通ることが結構あります

また、企業が定着するかを懸念しているようなら、根気強く長く勤務できることをアピールすると効果が見られます。

20代後半の転職者に求められるスキル

20代後半で転職をしようとしている人に対し、企業はどんな風なことを求めているのでしょうか?

企業の求めているスキルを心得ておくことによって、転職活動の中で要領を得たアピールができることになります。

即戦力となる仕事の経験やスキル

先に言及したしてきた様に、20代後半に求められるメインの要因は即戦力になることができるかという点。一定の社会人経験を積んでいることが理由となって、すばやく職場で活躍できる要素をもち合わせた人材を望んでいるのです。これを受け、20代後半の転職では同一の職種への転職がおススメです。

転職がうまく行けば、前職と比べて収入面、待遇面で条件の良い企業への転職ができることになります。

コミュニケーション能力の高さ

仕事経験の有るか無いかや年齢に関係なく、転職して入社した企業におきましては新人という枠で見られています。仕事の前に良好な人間関係を作り上げていかなければなりませんので、コミュニケーション能力はキーポイントとなるスキルでしょう。

自分自身で前向きなコミュニケーションを取れなければ、どれほど仕事のスキルが高くても評価されることはないかと思われます。

ポテンシャルの高さ

30代、40代の中途採用とは違って、20代後半は一定のポテンシャルの高さ(成長性)が求めらております。

20代後半の人に関しては、社会人経験があると言っても、5年程度の人が多いでしょう。転職先の社風に馴染める柔軟力、または向上心を対象にした期待の高さが寄せられております。

20代後半は転職のラストチャンス。万全の状態で転職にチャレンジしましょう

経験の有るか無いかが原因で転職することが困難な場合があるものの、未経職への転職は20代の後半がラストチャンスになります。

30代に入ってしまうと、未経験職への転職は非常に困難です。年齢を重ねてか悔やむことがないためにも、今日の時点での自分の状況や気持ちを見つめなおし、本当に転職すべきなのか思案してみましょう。

万が一にも転職が必要なのであれば、こちらの記事を参考にして転職活動をしてみてください。

年齢別転職サイト

転職

転職エージェントを検討する方は、転職成功する人が多くなります、是非ご検討いたしましょう

20代転職30代転職

40代転職50代転職

元大手エージェントから転職サイトの登録は3社以上使った方がホワイト企業に行ける可能性が高いそうです。
リクナビNEXT
リクルートエージェント
転職なら【doda】
マイナビエージェント
パソナキャリア

「リクナビNEXT」+「リクルートエージェント」は同じリクルートであっても両方に入っていることはないので3つ以上登録がオススメです。

悔しさはバネになる

ずっと悔しい気持ちがあって、転職・副業しました。低賃金はお前のストレス解消の奴隷じゃない、私は内向的だったのであの嘘を言えない人間でした、仕事もしないでせっせと社長の機嫌を取る人間と一緒には働けないです。

≫まずは転職をここから始めよう

悔しい気持ちがあって副業で少しでも稼いだら、自信をもって辞めてやろう!

≫我慢するなら副業から

覚えておいてほしい、悔しさは放置してたら後悔になる、今の悔しさを戦えば絶対良くなる。個人の感想ですのでちょっとだけ思ってください。