悔しさはバネになる

社員や上司に給料も低くシカトされ、お前のせいでストレスが溜まるんだ!私は以前結構ありました、だから転職・副業しました。なんで他人のせいでこちらがストレスが溜まるなら俺が辞めてやるよ!悔しい気持ちがあったらすぐ転職・副業しましょう。

転職

50代の転職市場での価値は?(Job change)

50代転職

50代だからこそ出来る稼ぎ方を考えましょう。

50代でも良い所への転職は可能です、しかしかなり厳しいと考えましょう。

「転職は縁」です、継続的な運が必ず良い会社に入れます

その中でも定年の改定が入りました、「2021年4月1日」から高年齢者雇用安定法が定年法の改正がありました

法律が改正(令和3年4月1日施行)され、65歳までの雇用確保(義務)に加え、65歳から70歳までの就業機会を確保するため、高年齢者就業確保措置として、以下のいずれかの措置を講ずる努力義務が新設されました。65歳を過ぎても働きたいと思っている人もいます

(1) 70歳までの定年引き上げ
(2) 定年制の廃止
(3) 70歳までの継続雇用制度(再雇用制度・勤務延長制度)の導入(特殊関係事業主に加えて、他の事業主によるものを含む)
(4) 70歳まで継続的に業務委託契約を締結する制度の導入
(5) 70歳まで継続的に以下の事業に従事できる制度の導入

しかし、私はこんなに働きたくないと言う気持ちです、もしも考えるなら新しい仕事を考えて行きましょう

企業から求められる「市場価値」が高い50代人材の特徴

50代の転職は厳しい傾向も見られます。転職して活躍の場を広げている50代の方がいるのは現況なのです。

こちらでは他の会社から求められる50代の人材にはどんな風な特徴があるのかお教えします。

ハイレベルなスキルがある人材

ハイレベルなスキルを保持している人材に関しては転職市場で人気が高まりやすくなります。50代であるのなら現実に仕事に就いた経験が豊富なので、知識レベルではなしに、原則実務的なスキルを習得しており、そうした人材は重宝されるのです。

現実の上で、ハイクラス・エグゼクティブの移籍を専門に手がける事例ですが、大手電機メーカーにおいて工場長を経験された男性が、自動車部品メーカーに中途入社し国内工場の生産体制強化または海外拠点の立ち上げ責任者を任されたといった事例も存在します。

マネジメント経験がある人材

マネジメント経験もアドバンテージになります。会社側が50代の人材に求めるものには、専門スキルだけに限らず、組織をコントロールする能力も列挙できます。これを受け、部門やチームのトップとして実績を積み上げてきた方は関心を持ってもらいやすくなるようです。

一例として、大手電機メーカーにおいて「外販部」を創り、事業をリードして来られた50代男性が、報酬水準をキープしたまま情報システム部門の責任者に転職して、社内システムの整備や再構築を手掛けることになったといった事例が存在します。

経営幹部・事業責任者としまして企業をリードする人材

経営幹部または事業部門のトップを経験した50代の人材も有用になります。50代向けには部門組織や新しいベースの責任者といったオファーもあって、事業を先駆ける力があると評価がアップします。

例として、大手食品商社の海外事業部長としまして売上を改善した実績を保持している50代男性が、メーカー子会社の副社長といったポジションで海外進出を託されたといったケースも存在します。

50代でも転職で活躍は出来る。50代の人材が不可欠な背景

プロフェショナルなベテラン人材を求める会社も多数あり、50代でも転職することは不可能ではありません。ここ何年かは50代の人材の活躍をバックアップする動向もあって、この流れも考慮すれば転職ではアドバンテージになります。こちらではスキルがある50代の人材が求められ易くなっている背景をお教えします。

中小・ベンチャー企業は専門人材を期待している

中小企業またはベンチャー企業というのは、大企業とは異なり人材の層が薄いケースも多数あり、専門的なスキルがある人材、あるいは特定分野で経験豊富なベテラン人材へのニーズがあります。

一例として、電機またはIT、バイオというような専門フィールドを扱う会社においては、専門知識や技術力が事業に関して必要不可欠です。ところが、生え抜き人材を育成するのには時間が取られるため、中途入社で技術力を手に入れようとすることは多数あり、とりわけ大企業などにおいて長い経験があって業界事情に詳しい50代の人材を求める中小・ベンチャー企業も存在します。

経営者の高年齢化による事業承継のニーズ

国内において経営者の平均年齢はだんだんと高齢化しつつ在って、大手信用調査会社によると社長の平均年齢に関しては2019年時点で59.9歳でありました。これについては基本的に平均値で、実際のところ60代や70代の社長もいっぱいいるのです。その一方、経営者の引退後を担う後継者は、どんなことがあっても足りているわけじゃないのです。

このような中、事業や財務ベースは健全であったり、高水準の技術や販売先を保有していたりするのに、経営者の引退と共に会社を廃業するしかないといった場合もあります。そういう訳で、事業承継を任せられる経営者人材が強烈に求められている訳なのであります。

とりわけ、今日まで管理職または経営幹部のことを経験した50代の人材に関しては、体力的にも能力的にも心配不要で、ニュージェネレーションの経営の担い手として注目されています。

事業拡大においてのリーダー・マネージャー人材の不足

事業拡大を目論む会社が、推進役としましてマネジメント経験たっぷりのベテラン人材を求めるケースがあります。

業績が堅調で事業を伸ばしている若い会社は多くありますが、社内に管理層の人材が足りないケースも多いのです。とりわけ若いベンチャー企業に関しては、社内体制が十分に準備されていなかったり、新拠点の組織構築のノウハウが存在しなかったりするために、事業拡大が遅くなることがあるのです。

そうならないために、成長を目指す会社において、中堅、大手企業等々で部門の統括や新拠点の創設というような経験があるエキスパートと言われるリーダー・マネージャー人材は貴重になります。

シニア活躍をバックアップする社会的トレンド

シニア人材の活躍をバックアップする社会的トレンドがあり、それによって50代の人材も活躍し易くなっております。

国内においては少子高齢化が進行して、近々人手不足の加速が予見できることから、シニア人材を含むバラエティーに富んだ人材が活躍しやすい環境作りに注目が集まってきたのです。2016年には政府によって「ニッポン一億総活躍プラン」が閣議決定され、生涯現役社会に向けた環境整備が進行させられることになった訳なのであります。

近々、シニア人材の雇用継続延長または定年引上げといった動きが進行すれば、50代の人材に関しては定年が近いので中途採用しても長い間働いてもらえないといった認識は大きくチェンジされて、積極的に雇用する会社もたくさんになって、とりわけハイレベルな50代の人材については引き合いが強くなることも想定されます。

まとめ

50代の転職は可能です

50代専用の転職サイトを複数登録して、「転職とは縁」と言われることもあります

1年以上掛けて幸ある会社への転職を期待しております

または50代で副業も考えられます

一部、副業に関してはパソコンがあれば出来る副業も可能です

ブログやYouTube・プログラミングなど、体力的には問題なくストレスもない副業が出来ます

まだやれるチャンスがあるなら是非、オススメします

転職&副業
転職&副業

会社が不安な人は「転職」「副業」「プログラミング」など今の状況を打開するための準備です。不安が分かっていれば恐れる必要もありません。:Twitter:フォロワー10000人
急ぐ必要なない!何でもゆっくりやる方が安全!
≫ホワイト企業に入る為の「3つの特徴」「3つの探し方」「3つの重要ポイント」
≫転職:年齢別目次 ≫ブログの作成方法

50代転職のまとめ特集↗

自分の問題と転職手順をサイトマップ、その中でも転職成功者の経験談

50代で始める転職サイト↗

転職がうまく行かない人はエージェントを変える事で閃くこともあります

年齢別転職サイト

転職

転職エージェントを検討する方は、転職成功する人が多くなります、是非ご検討いたしましょう

20代転職30代転職

40代転職50代転職

元大手エージェントから転職サイトの登録は3社以上使った方がホワイト企業に行ける可能性が高いそうです。
リクナビNEXT
リクルートエージェント
転職なら【doda】
マイナビエージェント
パソナキャリア

「リクナビNEXT」+「リクルートエージェント」は同じリクルートであっても両方に入っていることはないので3つ以上登録がオススメです。

悔しさはバネになる

ずっと悔しい気持ちがあって、転職・副業しました。低賃金はお前のストレス解消の奴隷じゃない、私は内向的だったのであの嘘を言えない人間でした、仕事もしないでせっせと社長の機嫌を取る人間と一緒には働けないです。

≫まずは転職をここから始めよう

悔しい気持ちがあって副業で少しでも稼いだら、自信をもって辞めてやろう!

≫我慢するなら副業から

覚えておいてほしい、悔しさは放置してたら後悔になる、今の悔しさを戦えば絶対良くなる。個人の感想ですのでちょっとだけ思ってください。