悔しさはバネになる

社員や上司に給料も低くシカトされ、お前のせいでストレスが溜まるんだ!私は以前結構ありました、だから転職・副業しました。なんで他人のせいでこちらがストレスが溜まるなら俺が辞めてやるよ!悔しい気持ちがあったらすぐ転職・副業しましょう。

転職

20代の転職市場での価値は?(Job change)

転職
転職&副業
転職&副業

会社が不安な人は「転職」「副業」「プログラミング」など今の状況を打開するための準備です。不安が分かっていれば恐れる必要もありません。:Twitter:フォロワー10000人
急ぐ必要なない!何でもゆっくりやる方が安全!
≫ホワイト企業に入る為の「3つの特徴」「3つの探し方」「3つの重要ポイント」
≫転職:年齢別目次 ≫ブログの作成方法

20代ならチャンスはいくらでもある!
スタートは毎週考えれば良い。

20代の転職は一般にどういった風に思われている?

20代の転職というのは、世間的にどういった風に受けとめられるかを解説します。20代においての転職と30代以降の転職というのは、会社の規模毎に全く異なるのではありますが、企業側から来て欲しいと思っているか否かに区分けできます。

更に詳細を言えば30代以後については、マネジメントポジションとしまして専門知識がたくさんあり部下のマネジメントが出来る人を企業側が採用しようとしてきます。そういったマネジメントと専門知識人材というのは、どちらの業界においても足りていないため、企業側は積極的に採用をしようとして来るものです。

その一方20代においては、イレギュラーはありますがマネジメントポジションではない為求職者側が入りたいですといって採用を依頼されて、企業側は採用を検討してみようといった流れになるのです。

若々しさは転職市場において、とても重要な要素となるのです。

ある時、会社や個人の携帯に電話が掛かってきてヘッドハンティングがなされるのですが、ターゲットとなるのは30代以後の世代となっています。

20代の転職においては、会社が欲しいというのも当然見受けられますが、自分自身が転職をしたいか、近々何をしたいかを明らかにして転職を望むと伝えることで成立するということを把握しておきましょう。

40代になって部長になると、いつの間にか別の会社からあの人がほしいとヘッドハンターを経由してくることになるのです。

20代で転職回数が多過ぎると市場価値が下がる?

転職

20代の内に転職回数が過多になると転職に不利になるのは事実でしょう。しかしながら、一度目の転職では在籍年数とは関係なく転職活動に不利になることはめったにないと思っていいです。20代で4、5回転職している人もいるようですが、仕事を変える理由をちゃんと説明できるならば何社経ていても合格するでしょう。

幸運なことに転職回数につきましては書類の際に企業側が見定めてくれるので、面接に足を運んで落ちたら転職回数の多さではなく経験不足だと思いましょう。大っぴらにしてはいないのですが、企業は人材会社に対し、**歳以下なら転職回数は**回までという条件を課しているケースがあります。

従って転職エージェントが転職回数的にそれは無理ですといったら、企業側の指定で無理なのであります。往々にして書類すら出さなくても合格か不合格かは分かるので、転職回数は転職面接に足を運んで以後についてはあんまり気にする必要はないでしょう。

転職回数の多さと比べて無職期間が多くあるほうが不利になることがほとんどの場合は多いのです。無職の期間が多い人に関しては、

第二新卒エージェントNEO」という会社を見てください

特殊な事例にも対応してくれるので良い会社です。

万が一20代転職に失敗したら?

20代の転職失敗はそこら中に存在しています。入った会社が自分には合致しなかった、最初に言われていた条件とは異なっていたということはたびたび引き起こされてしまいます。

転職エージェントの紹介先が劣悪だったケースでは、転職エージェントの問題であるのですが、自分自身の調査が不足してしまって認識とは違ったケースもあるのでちゃんとチェックしておきましょう。

しかし、20代のケースでは転職に失敗したところで気にせず次を見つけ出しましょう。20代というのは年収もそれほどまでに高くないのですぐに仕事は見つけられますし、企業も転職理由がそれっぽい理由であったとしたら受け入れてくれると思います。

市場価値が高い人とは、企業が求める成果を出す人

市場価値が高い人とは、一口に言うと企業が高い報酬を払ってでも手に入れたい人材ということを意味します。

企業が高い報酬を払いたいと思う要因は、その人材が企業が目的を成し遂げる為に必要な成果を出してくれる為です。報酬は投資ですから、成果という見返りが期待できるのであれば投資をするのは当然でしょう。

しかし、そういうふうな人材が満ち溢れるほど存在していたケースでは、あえて企業は高い報酬を払いたいと思うのでしょうか。

多分、時代の変化と一緒に価格ダウンしていくでしょう。それでありましたら、企業が期待する成果を希少性高く発揮し続けることが条件となりそうです。

ただひとつ絶対の固定的な市場価値は存在しない

この場で覚えておいてほしいのは、

  • 企業の目的というのは企業ごとにある
  • 希少性は需給関係のバランスで設定される

という2点になります。

わかりやすく言うと、唯一絶対の固定的な市場価値などは存在しないということを意味します。こちらの2点をちゃんと把握しておかなければ、市場価値といった青い鳥をなんとなく追い続けてしまうことになりかねません。

まとめ

転職

20代というのは、30代や40代が持ってない吸収力やポテンシャルが見られるため、企業からの注目も集めています。ニーズのある今日の時点でのうちに、新たなチャレンジをしてみるのもおすすめしたいと思います。

もし考えすぎて動けない、自分自身の市場価値が分からないから見極めがつかないといった、転職に関した悩みを持っているのならば、転職のプロフェッショナルである転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

あなたの転職を成功させる為にも、あたふたせず転職を促進してください。

20代のオススメ転職サイト

転職サイト・転職エージェントが選ぶ20代のオススメ。

成功者オススメする方法:転職エージェントを複数併用で内定率を上げる方法があります

転職活動を始めようとしているのなら、複数の転職サービスに登録している人が成功しているイメージがあります

転職エージェントや転職サイトを多く登録して、経歴書やスキルなどを完全に書いてる為、オファーが多く給与の高い成功者がおります、年代は関係なくオファーが来ます。

「転職は縁」と言われております、縁を磨くために

  • 「1つは数」
  • 「1つは自分」
  • 「1つは相手」

ほんの一つを手に入れる為にやれることはやっていきましょう

転職者サイト備考
転職成功者5社経歴書・スキルなど正確に書く、オファーが多い
一般転職3社職務経歴書や自分で登録
失敗する人2社手抜きと転職が悩んでいる→ブラック企業に入りやすい

20代で人気のある転職サイト・転職エージェント

20代で追加する転職サイト・転職エージェント

大体、20代であれば5社ほど登録しています

40代・50代であれば10社ほど登録する人もおります、これは相手からオファーが来る可能性を増やすために多く登録しております。

ただ登録するだけではなく、職務経歴書や履歴書をしっかり書くと、転職サイトからメールが山ほど来ますので自分が選び放題になります。

前半で行ったように「転職は縁」です、数が多ければ多く将来的・給与的にも安心感があります、是非、複数サイトを登録してホワイト企業に入れるようにお考え下さい。

年齢別転職サイト

転職

転職エージェントを検討する方は、転職成功する人が多くなります、是非ご検討いたしましょう

20代転職30代転職

40代転職50代転職

元大手エージェントから転職サイトの登録は3社以上使った方がホワイト企業に行ける可能性が高いそうです。
リクナビNEXT
リクルートエージェント
転職なら【doda】
マイナビエージェント
パソナキャリア

「リクナビNEXT」+「リクルートエージェント」は同じリクルートであっても両方に入っていることはないので3つ以上登録がオススメです。

悔しさはバネになる

ずっと悔しい気持ちがあって、転職・副業しました。低賃金はお前のストレス解消の奴隷じゃない、私は内向的だったのであの嘘を言えない人間でした、仕事もしないでせっせと社長の機嫌を取る人間と一緒には働けないです。

≫まずは転職をここから始めよう

悔しい気持ちがあって副業で少しでも稼いだら、自信をもって辞めてやろう!

≫我慢するなら副業から

覚えておいてほしい、悔しさは放置してたら後悔になる、今の悔しさを戦えば絶対良くなる。個人の感想ですのでちょっとだけ思ってください。