悔しさはバネになる

社員や上司に給料も低くシカトされ、お前のせいでストレスが溜まるんだ!私は以前結構ありました、だから転職・副業しました。なんで他人のせいでこちらがストレスが溜まるなら俺が辞めてやるよ!悔しい気持ちがあったらすぐ転職・副業しましょう。

転職

50代の転職に必要なスキルとは?(Job change)

転職

50代の求職者に求められるスキルというのは、コミュニケーション能力またはマネージメント能力がほとんどを占めます。

次にベーシックなパソコンスキル等も備わっているポイントも含まれます。パソコンスキルに関しては、今となっては避けて通ることができない業務になりますので、ベーシックな操作やワード・エクセルの対応は可能であるほうが理想的でしょう。

また、現実に仕事に就いた経験や人生経験が豊富な50代には対人を対象にしたケアやスムーズな対処も期待出来ます。

どのような業態においてもこういったもののスキルが高い事は社内環境や業績の向上にも寄与します。

ここ最近は、とりわけ中小企業において、50代の再就職を第4次新卒などと呼んで、早い段階での準備に着手するムードが見受けられます。

50代であるからこそ、やりがいがあるポジションへと収入を度外視で職を変えるケースも多数あり、50代以上の転職が多様化する傾向が高いようです。

50代で得られるスキルを売りにしましょう

pdca

年をとるにつれて、体力が無くなってくる古いやり方に固執するなどといったよくないことばかりに目が入ってしまうものとなります。

しかしながら、転職したいならば、当該の考え方を一変させなければならないのです。

年を取ったことが要因で、得られることがあると考えるのです。こちらでは、企業が求める50代の人にしかないスキルと申しますのはどんな風なものなのかを、お知らせします。

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルというのは、人間関係をスムーズにするためのテクニックになります。

年を重ねれば重ねるほど、ヒューマンスキルは磨かれていくものです。

一例として、ある会議が紛糾し、賛成派と反対派が対立して雰囲気が悪化しているとします。

そういったとき、両者の言い分を上手に聞き出して落とし所を見い出せるのは、高いヒューマンスキルを所有している年配の社員ではないかと思います。

気難しい取引先の偉い人や、敏感な顧客などに対して落ち着き払った態度とトーク術で、あっけなく気に入られてしまう。

そんなハイレベルなテクニックを所有している人材というのは、どういった企業でも欲しいことは間違いありません。

過去の実績だけでなく、未来に何ができるのかをアピールしましょう

50代においては、企業の経営手腕や管理能力というようなマネジメントスキルが求められるのです。

こういったスキルというのは、資格などで定量的に計れるわけではなく、過去の実績でジャッジされるものです。

ですので、過去の実績をアナウンスして、高いマネジメントスキルを主張するのは重要な点です。

しかしながら、過去に私は**をしましたといったすごい話をどれだけ多くアピールしても、それのみで採用されることは何があってもありません。

過去の実績ばっかりアピールするのでは、転職した後に何が出来るのかが全く説明できて無いからです。

面接では是非、過去に**した経験を生かして、**をすることができますと、これから先の話をしましょう。

過去の栄光ばっかり話すと、過去ばかり回想して、未来のことを想像できない人と思われてしまいます。

次に何ができるのかを常に考えるようにしてください。

転職する際に有利になる資格

ビジネスマン

資格を持っていれば必ず採用されるという保証はないです。

しかし自分自身の強みとなるスキルを取り揃えた結果、資格があるのならより一層転職に有利になるケースも、往々にしてあるかもしれないのです。

  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 医療事務検定
  • 調剤事務管理士
  • 施工管理技士

宅地建物取引士

1つ目に関しては『宅地建物取引士』になります。

省略して『宅建』や『宅建士』と呼ばれております。不動産の契約を交わす際に、お客さんが知っておくべきキーポイントとなる契約内容を説明できるようにするために必要な資格になります。

ファイナンシャルプランナー

2つ目に関しては『ファイナンシャルプランナー』になります。ファイナンシャルプランナーの資格というのは、お金に関する多くの悩みの解決策について提案する際に効果があるもので、とりわけ銀行や不動産業界などで働く人向けの資格になるのです。

医療事務検定

3つ目は『医療事務検定』になります。これについては病院での受付や会計の仕事を行う人のための資格です。病院というのは全国各地にいろんなところにあり数も多いので、引越しなどで住む環境が変わったときにもアピール材料になる可能性もある資格と言えます。

調剤事務管理士

4つ目は『調剤事務管理士』になります。薬局に於いての受付や会計などの事務全般を手がけるなど、薬剤師の方をサポートする人のための資格なのです。病院で医療事務と同一で、日本全国いたるところで業務につくことができて安定性が高いことが固有のものです。

施工管理技士

5つ目は『施工管理技士』になります。建設業界で就労する際に持っているとアドバンテージになるもので、建築施工管理技士や電気工事施工管理技士などバラエティーに富んだ種類があるのです。

資格が無くても仕事は出来るようですが、資格を保有していると手当てがもらえたり給料が上がったりする会社もあるそうですので、職を変える際にもプラスになることが考えられます。

まとめ

job

資格があれば、ジャンル別のサイトを訪問しましょう

また、全体的に大きな仕事をしたい場合は大手メーカーであれば必要な情報もあります

その中でもヒューマンスキルは50代であれば非常なスキルです

  • 他部署のマネージャーといった同格の存在
  • 経営層といった上長に当たる存在
  • チームメンバーといった部下に当たる存在

ヒューマンスキルとは「他者との良好な人間関係を構築・維持するために必要な能力や技術のこと」

  • テクニカルスキル(業務遂行能力)
  • ヒューマンスキル(対人関係能力)
  • コンセプチュアルスキル(概念化能力)

下記のキーワードに分けていきます

  • コミュニケーション力
  • ヒアリング力
  • 交渉力
  • プレゼンテーション力
  • リーダーシップ

マネージャーが業務を円滑に遂行するために必要なコミュニケーションスキルのこと、今でもいつでも覚えられるヒューマンスキルを磨いて転職を考えましょう

転職&副業
転職&副業

会社が不安な人は「転職」「副業」「プログラミング」など今の状況を打開するための準備です。不安が分かっていれば恐れる必要もありません。:Twitter:フォロワー10000人
急ぐ必要なない!何でもゆっくりやる方が安全!
≫ホワイト企業に入る為の「3つの特徴」「3つの探し方」「3つの重要ポイント」
≫転職:年齢別目次 ≫ブログの作成方法

50代転職のまとめ特集↗

自分の問題と転職手順をサイトマップ、その中でも転職成功者の経験談

50代で始める転職サイト↗

転職がうまく行かない人はエージェントを変える事で閃くこともあります

年齢別転職サイト

転職

転職エージェントを検討する方は、転職成功する人が多くなります、是非ご検討いたしましょう

20代転職30代転職

40代転職50代転職

元大手エージェントから転職サイトの登録は3社以上使った方がホワイト企業に行ける可能性が高いそうです。
リクナビNEXT
リクルートエージェント
転職なら【doda】
マイナビエージェント
パソナキャリア

「リクナビNEXT」+「リクルートエージェント」は同じリクルートであっても両方に入っていることはないので3つ以上登録がオススメです。

悔しさはバネになる

ずっと悔しい気持ちがあって、転職・副業しました。低賃金はお前のストレス解消の奴隷じゃない、私は内向的だったのであの嘘を言えない人間でした、仕事もしないでせっせと社長の機嫌を取る人間と一緒には働けないです。

≫まずは転職をここから始めよう

悔しい気持ちがあって副業で少しでも稼いだら、自信をもって辞めてやろう!

≫我慢するなら副業から

覚えておいてほしい、悔しさは放置してたら後悔になる、今の悔しさを戦えば絶対良くなる。個人の感想ですのでちょっとだけ思ってください。