悔しさはバネになる

社員や上司に給料も低くシカトされ、お前のせいでストレスが溜まるんだ!私は以前結構ありました、だから転職・副業しました。なんで他人のせいでこちらがストレスが溜まるなら俺が辞めてやるよ!悔しい気持ちがあったらすぐ転職・副業しましょう。

服飾業界

アパレル・服飾業界が関係する会社へ転職を成功させる5つのポイント!

服飾

「アパレル・服飾業界が関係する会社へ転職したい、絶対に成功させたい!」

このような気持ちを持っている人へ向けて、アパレル・服飾業界が関係する会社への転職を成功させるために大切なポイントについてお話していきます。

アパレル・服飾業界で満足いく転職を成功させるために、今回お話する大切な5つのポイントをしっかりチェックしていきましょう。

SPA=製造小売業とは?

絶対忘れてはいけない服飾業界の作り方です、これを知っているだけで面接は良くなると思います、面接する9割は知らない内容です

どんな人でも服飾したい人は山ほどいます、しかし1年前から倒産などが多く、未経験でも厳しい世界です

そのなかでも実はリユース関係やスポーツ系、キャンプ系が非常に人気が出てきております、実際アパレル・服飾関係が潰れているのは「スーツ」「ブランド」です。

なので「ユニクロ×低価格」「無印良品×シンプル」「ワークマン×スポーツ系」「東京流通センター×機能性」が何であんなに数字が良いのは、自分で作って売っているからです、今後さらに流行る「DtoC」(メーカーから直接消費者へ)は伸びる企業の一つです。

「服飾×IT」「服飾×経理」「服飾×企画」「服飾×運送」などが出来ればどこでも入れる可能性はあります、1つの事ではなく2つできるマルチタスクがあれば問題ありません

アパレル・服飾業界が関係する会社へ転職で重要な5つのポイント

服飾

ここからお話していく5つのポイントは、どれもが大切なもの!

人によっては軽視してしまいがちな部分もありますが、アパレル・服飾業界への転職を成功させるために、改めて真剣にチェックしてみてください。

そうすることでライバルに差をつけることができ、またあなた自身も新しい気づきを得ることができるかもしれませんよ。

アパレル・服飾業界の仕事を知る

アパレル・服飾業界が関係する会社へ転職する際に大切な1つ目のポイントは、業界での仕事内容を知るということです。

既にある程度「○○な仕事をしたい」と決まっている人もいるかもしれませんが、将来的なキャリアも考えると業界全体の仕事を大まかにでも知っておくことは大切なポイント!

  • 店頭販売
  • バイヤー、MD
  • 販促やマーケティング
  • 営業や事務仕事など
  • デザイナーとしての活動
  • パタンナーとしての活動

こうして幅広い視野で業界を見ると、本当に多くの分野にわかれますね。

このように業界を把握することで、「販売員として活躍したいけれど、最終的には経験を積んでバイヤーやマーケティングも面白そう!」など、将来的なイメージがより明確になる人も少なくありません。

上記の中で気になる分野があれば、改めて1つずつ調べてみるのも良いのではないでしょうか。

※業界が完全に未経験であれば、店頭での販売スタッフが転職しやすいのでオススメです。

業界に強い転職エージェント

次に業界に強い転職エージェントを活用するのも大切なポイント!

誰でも知っているような大手だけではなく、そこまで知名度はないけれど「業界内では人気で条件が良い」求人なども見つけやすく、転職時の幅が大きく広がります。

また先に挙げたような店頭販売以外の専門的な仕事に関する求人もあるので、今後のキャリアのためにチェックしてみるのも良いでしょう。

そして「今の自分」が、どの程度の求人案件に応募できるのか、現実的に採用の可能性があるかなども含め、担当のアドバイザーに相談しながら転職活動をスタートすることができるのも嬉しいメリットだと言えるでしょう。

未経験者は研修制度も重視

ちなみにですが、アパレル・服飾業界が未経験であれば、研修制度を重視しながらの転職活動もオススメです。

例えば販売員であれば、接客・応対に関する研修などを受けることで、店頭でスムーズにお客様対応が可能になります。

そのまま販売員としてお店に立つよりも自信を持って、そして様々なケースに対応できる能力を身につけることができるので、意外と研修制度は馬鹿にできない重要なポイント!

他にも定期的に社内研修やスキルアップ研修などがある会社を選ぶことで、徐々にスキルアップ、キャリアアップを目指すことも可能。

アパレル・服飾業界に強い転職エージェントを活用すれば、そのような情報も含めつつ転職先を選ぶことができるので、将来のキャリアも考えたい人ほど転職エージェントを上手に活用するべきだと言えるでしょう。

販売系の資格も視野に

またアパレル・服飾業界で活躍したいなら、転職前・転職後を問わず販売系の資格取得を視野に入れると良いでしょう。

  • ファッション販売能力検定
  • ファッションビジネス能力検定
  • 販売士(リテールマーケティング)検定

これらの資格を持っているからと言って劇的に有利になるわけではありませんが、履歴書・職務経歴書にこれらの資格があれば先方の印象が良いことは間違いありません。

採用試験や面接で同じぐらいのライバルがいた場合、最後の判断基準として資格持ちが採用の決め手になるケースもありますので、自身を高めるためにも、転職を有利にするためにも資格取得を検討するのもアリでしょう。

またアパレル・服飾以外の業界へ転職する場合も、販売スキルという意味でアプローチがしやすい資格でもあり、単純に接客力を高める意味でも役立つので、コツコツと学んでおくのも良いのではないでしょうか。

開発やデザインに携わりたい場合

最後にアパレル・服飾業界の中でも、開発やデザイン関連の会社に転職したいケースについても触れていきます。

これらは関連する仕事経験がある場合や専門知識・技術がない場合は難しいケースが多いです。

ですが、未経験でも業界に憧れがあり、少しずつ経験を積みながら頑張っていきたいと考えている人もいることでしょう。

そんな場合には資格取得も視野にいれることをおすすめします。

  • 縫製製品品質管理士
  • ファッション色彩能力検定
  • パターンメーキング技術検定

上記はアパレル・服飾関係の資格の一例ですが、服飾系の専門学校を出ておらず業界も未経験、でも開発やデザイン関連の仕事に携わりたいと考えているなら、その足がかりとして資格取得からスタートしてみるのも良いのではないでしょうか。

また未経験者でも採用の可能性がある転職先へエージェント経由で転職し、その仕事を頑張りながら目指すべき方向に沿った資格取得を目指していくのも良いでしょう。

アパレル・服飾業界が関係する会社への転職を実現させよう

服飾

今回はアパレル・服飾業界が関係する会社へ転職を実現させるために、とても大切な5つのポイントについてお話してきました。

  • アパレル・服飾業界の職種を知ろう
  • 業界に強い転職エージェントを活用
  • 未経験者は研修制度もチェックしよう
  • 販売系の資格取得でさらなる活躍を
  • 開発やデザイン関係なら専門資格も視野に

アパレル・服飾業界で転職したい会社・職種にもよりますが、いずれの場合でも業界に強い転職エージェントの活用は必須だと言えるでしょう。

業界経験者の場合は、今までの経験を活かし、より良い条件での転職が可能に!
未経験者の場合も、今までの他職の経験が活かせる転職先探しや、未経験者でも転職しやすい求人案件の紹介なども含め、担当アドバイザーへ相談することが可能!

自分一人で転職先探しをするよりも、遥かに効率的に、そして満足度の高い転職活動が可能になります。

その上で将来のキャリアも視野に入れた濃い転職活動が実現できますので、ぜひ業界に強い転職エージェントを活用し、今回お話した内容を活かしつつ業界への第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

最初に登録する大手転職サイト

転職

大手転職サイト
登録後、転職エージェント登録すると良いオファーが大量に出てきます

元大手エージェントから転職サイトの登録は3社以上使った方がホワイト企業に行ける可能性が高いそうです。
リクナビNEXT
リクルートエージェント
転職なら【doda】
マイナビエージェント
パソナキャリア

「リクナビNEXT」+「リクルートエージェント」は同じリクルートであっても両方に入っていることはないので3つ以上登録がオススメです。

SMART合格講座

就職対策:SPIテスト、今の転職にはSPIテストが必須です、皆さん自信ありますか?面接行く前にスマホで対策していくはオススメです。

転職が決まったら不要ですが、何度も面接行って落ちてる人は「SPIテスト」の対策は不十分ではないでしょうか?SPIテストが悪い人は受からないです、そのためにこのシステムを会社が入れています。

詳細ページ公式ページ

 

 

悔しさはバネになる

ずっと悔しい気持ちがあって、転職・副業しました。低賃金はお前のストレス解消の奴隷じゃない、私は内向的だったのであの嘘を言えない人間でした、仕事もしないでせっせと社長の機嫌を取る人間と一緒には働けないです。

≫まずは転職をここから始めよう

悔しい気持ちがあって副業で少しでも稼いだら、自信をもって辞めてやろう!

≫我慢するなら副業から

覚えておいてほしい、悔しさは放置してたら後悔になる、今の悔しさを戦えば絶対良くなる。個人の感想ですのでちょっとだけ思ってください。