悔しさはバネになる

社員や上司に給料も低くシカトされ、お前のせいでストレスが溜まるんだ!私は以前結構ありました、だから転職・副業しました。なんで他人のせいでこちらがストレスが溜まるなら俺が辞めてやるよ!悔しい気持ちがあったらすぐ転職・副業しましょう。

一般転職

【一般転職】面接担当者というのは一体何者なのでしょうか?面接担当者を徹底分析しました。

転職

会社をサポートする「人」の採用に責任が存在するのが採用担当者になります。例えば、募集方法の選定と準備、書類選考、面接官の選定または評価シート、面接官のトレーニング、内定者フォローだったり、仕事は広範囲にわたります。

事業の方針に合わせて人を採用していくことにより、採用担当がメインとしてやり取りをするのは経営層がメインです。事業全体を見渡しながら絶対必要な判断をやっていくため、会社や事業に対しての深い理解が求められるのです。

一方で、現場の社員の相談に乗るなどの仕事もあります。多種多様な立ち位置で仕事を行うため、柔軟性が欠かせないポジションだったりします。

どうして面接担当者が重要なのか?

転職

なぜ会社が人を採用するのかということですが、前任者が辞職したから、人手が足りないからという答えは正しくありません。採用を行う理由は、会社の事業を進展させたいからです。

会社には事業を成長させていく目標が存在します。しかしながら、目標と現実に乖離があることは場合によってはありますよね。社長が次年度の売上目標を大きく上げたいといった感じに。今現在の人員では目標達成が困難で、ギャップがある場合、それを埋めるために人を採用するという訳です。

そんな訳で、前任者が辞職したから採用するのではなく、前任者が抜けることによって、事業の目標達成が困難になるから採用するというのが正しい認識になります。

面接担当者の仕事とは?

転職

人を採用するまでに、採用担当はどんな事をしているのでしょうか?採用活動においての採用担当のよくある仕事内容を解説します。

採用計画を立てる

一番初めは採用計画を立てるところから始まります。採用計画というのは、どちらの部署に、いつ、何人、どういった人を、どのような手法で採用するかといった採用の基本となる計画ということを指します。

事業目標を達成させるために、採用をしていきますので、採用担当者は、事業目標を知ることが必要です。目標と現状を理解することを通じて、ギャップがどの位あるのかを理解できます。その溝を埋めるためには、どんな人が、どのタイミングまでに、どのくらいの人数必要なのかを調べあげていきます。

また、いつまでに目標達成させる必要があるのかを理解すれば、入社リミットを把握できるので、逆算をして、選考や募集を開始する日などざっくりしたスケジュールを引くことができます。この様にして採用計画を立てていくことが重要です。

採用する人物像を明確化させる

採用においてキーポイントとなるのが、募集する人物像の明白化です。ここがきっちりと定められていないと、採用したのに全く活躍してくれないということが発生して、会社を思うように発展させることができません。

そういう理由でどうして採用するのか?を考えることが不可欠です。

事業を成長するために人を採り入れるという目的を把握し、事業を成長させてくれる人は、どんな人か、現在活躍している人材と同一のようなスキルや考え方を持っている必要があるのではないかといったスタンスで深堀りしていき、人材像を明らかにしていくことが不可欠です。

人材の明確化

どんな人を募集するかをはっきりさせるには、まずざっくりとしたポイントとしてここから下を社内でヒアリングします。その時どうしてそれが必要なのかの理由も含めて聞くことが重要です。

  • 経験(入社後直ちに任せる業務で必要な経験やスキル)
  • タイプ(主体的に話せる、コツコツと進められるなど)
  • 人柄(志向性、価値観、性格など)
  • スキル、資格(必須の資格はあるか?)
  • 年齢または性別

上記をヒアリングしたら、現実的にどのらいの人がこちらの条件に当てはまるのかを判断します。条件を満たす人数がとてつもなく少なそうであれば、必要最低限の条件に絞り込んで求人をかける判断をしなくてはならないと言えます。どちらの条件を削るのか判断する時に、どうして当該の条件が必要なのかの理由が引き立ちます。

採用手法を決定する

人物像まで明らかになれば、その次は採用の手法を決定していきます。採用手法というのは、採用する人の属性または採用難易度によって変わります。

応募者の選考

応募者の選考というのは、採用活動の要です。

これを受け事前にどんな風なフローで運用していくかが極めて大切です。とりわけ近頃では、有効求人倍率などがアップし、人材の獲得が困難になっていますので、求職者が優位です。スピード感をもって選考を推し進めることが採用成功において絶対必要な要素なのです。

応募が来たら、24時間以内に返信するように心がけましょう。1次選考への案内は1週間以内にできましたら理想的です。

それ以降の選考も、原則として面接の1週間前後ではその次のステップに進めるなどの案内をします。もちろん不採用の場合でも、連絡は必ず行いましょう。

内定者のフォロー

新卒・中途採用ともに、内定から入社までに一定の期間が空きます。

その期間、内定者に入社への意欲を持ち続けてもらうために「内定者フォロー」は必要不可欠です。内定承諾はしてみたけど、さて転職となると不安になることも多いもの。

事務的な手続きだけに限らず、入社後にスピーディーになじめるように受け入れ体制を整えることも肝心です。

まとめ:相手の心理がわかると対策しやすい

転職

面接担当者のイメージがあれば対応策が出てきます

しかし、結構色々書いていますが

実際には面接に来た人は利益を上げられるか?

その一つに集約されます

会社の方針によりますが能力×利益×給与で大きく変わります

貴方が面接担当者としては、自分の利益を上げる為には面接担当者の利益を図っています

全てにおいて、利益と利益でしか採用されません、相手に自分の利益を伝えられれば必ず受かります。

最初に登録する大手転職サイト

転職

大手転職サイト
登録後、転職エージェント登録すると良いオファーが大量に出てきます

元大手エージェントから転職サイトの登録は3社以上使った方がホワイト企業に行ける可能性が高いそうです。
リクナビNEXT
リクルートエージェント
転職なら【doda】
マイナビエージェント
パソナキャリア

「リクナビNEXT」+「リクルートエージェント」は同じリクルートであっても両方に入っていることはないので3つ以上登録がオススメです。

SMART合格講座

就職対策:SPIテスト、今の転職にはSPIテストが必須です、皆さん自信ありますか?面接行く前にスマホで対策していくはオススメです。

転職が決まったら不要ですが、何度も面接行って落ちてる人は「SPIテスト」の対策は不十分ではないでしょうか?SPIテストが悪い人は受からないです、そのためにこのシステムを会社が入れています。

詳細ページ公式ページ

 

 

悔しさはバネになる

ずっと悔しい気持ちがあって、転職・副業しました。低賃金はお前のストレス解消の奴隷じゃない、私は内向的だったのであの嘘を言えない人間でした、仕事もしないでせっせと社長の機嫌を取る人間と一緒には働けないです。

≫まずは転職をここから始めよう

悔しい気持ちがあって副業で少しでも稼いだら、自信をもって辞めてやろう!

≫我慢するなら副業から

覚えておいてほしい、悔しさは放置してたら後悔になる、今の悔しさを戦えば絶対良くなる。個人の感想ですのでちょっとだけ思ってください。