悔しさはバネになる

社員や上司に給料も低くシカトされ、お前のせいでストレスが溜まるんだ!私は以前結構ありました、だから転職・副業しました。なんで他人のせいでこちらがストレスが溜まるなら俺が辞めてやるよ!悔しい気持ちがあったらすぐ転職・副業しましょう。

第二新卒・フリーター

第二新卒・フリーターが、ベンチャーと中小企業に転職するメリット・デメリットまとめ。

第二新卒
転職&副業
転職&副業

会社が不安な人は「転職」「副業」「プログラミング」など今の状況を打開するための準備です。不安が分かっていれば恐れる必要もありません。:Twitter:フォロワー10000人
急ぐ必要なない!何でもゆっくりやる方が安全!
≫ホワイト企業に入る為の「3つの特徴」「3つの探し方」「3つの重要ポイント」
≫転職:年齢別目次 ≫ブログの作成方法

大企業が人気だったかつてと比べて、近頃ではベンチャー企業の人気が高まりつつあります。

当然これに関しては新卒での就職は当然の事、第二新卒での転職でも変わりありません。

今回は、ベンチャー企業へ転職する際のメリットとデメリットをご紹介します。第二新卒・フリーターの方で、ベンチャー企業と中小企業への転職に興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

ベンチャー企業とは?

ベンチャー

ベンチャー企業についてはっきりとした定義がされているわけではないですが、ベンチャーと呼ばれる企業の多くはこれまでなかったサービスやビジネスを立ち上げ、展開しているのが特徴的です。

小さな規模から中規模の会社がたくさんあり、これからの成長し大きく化ける可能性が高いのがベンチャー企業の面白さと言えます。これを受け、ベンチャー企業には大企業とは異なり競争心または向上心の強い人が多く集結するトレンドがあります。

自分自身のスキルやポテンシャルを活かし、より高みを目標にしたいと考える人にはピッタリの環境だと言えるでしょう。

第二新卒でベンチャー企業に転職するメリット

メリット

ベンチャー企業と中小企業への転職を考えている人が知りたいのは、そのメリットとデメリット

中小企業の場合には、広範囲に及ぶ仕事に携れることが多いと言われており、手応えを感じる人が多いのかも知れません。中小企業のケースでは、トップの考え方が社風や企業文化に色濃く反映される傾向が見られるようです。これを受け、自分の考え方に合う社風または企業文化を保持する中小企業なら、仕事に対しての満足度もアップするでしょう。

特に転職経験のない第二新卒であるのなら、余計に想像がつかないでしょう。こちらではベンチャー企業と中小企業の中のベンチャー企業の持つメリットとデメリットを解説しますので、これからベンチャー企業への転職を考えている人は是非とも参考にしてください。

年齢に関係なく実力が高ければ評価される土俵が整っている

能力が高い人にとりまして、ベンチャー企業は最高の環境だと言えるでしょう。年功序列で評価されることはあまりなく、仕事が出来れば若手でも昇進出来ます。これまで大企業で評価されなかった人が、ベンチャー企業で輝くケースは割とあります。

学歴や職歴は関係無しで、とにもかくにも結果を残せる人が評価されるのです。とにもかくにも会社で成長したい、競争の中において自分自身の能力を試したい、そういった人にベンチャー企業をおすすめしたいと思います。

若手でも責任感のある仕事を任せてもらえる

実力主義のベンチャー企業においては、年齢とは関係無しに若手でも責任感のある仕事を任せてもらえます。大企業であるのなら開始時は雑務から始まり、だんだんと責任感のある業務を任されるようになると思われますが、ベンチャー企業ではそのようなモタモタしたことは言ってはいられません。

安定性の低いベンチャー企業が求めるのは、とにもかくにも結果を出すこと。これを受け新卒や第二新卒でもリーダーシップを取ったり、高額な予算を動かしたりするようなレアな経験を積めるのです。

幅広い業務に携わることが出来る

少数精鋭のベンチャー企業においては、1人でいくつもの業務を担当するのはよく見られます。大企業であるのなら営業、経理、事務など職種によって人が配置されますが、ベンチャー企業においては1人でそういったもの全ての業務をカバーすることもたびたびあります。

いくつもの業務を担当することを通して、バラエティーに富んだスキルを身に付けられます。これから先会社を立ち上げて社員を管理したいと思っている人は、ベンチャー企業で経験を積み上げておくと役に立つでしょう。

第二新卒でベンチャー企業に転職するデメリット

デメリット

バリバリ仕事をしたいと考えている第二新卒にとって、ベンチャー企業はちょうどいい職場です。しかしながら、そのようなベンチャー企業にもデメリットはあります。当該のデメリットを知らずに、メリットだけを望んで安易に転職するのは危険でしょう。ベンチャー企業への転職を考える人に関しては、当該のデメリットもよく知ることが不可欠です。

大企業と比べて倒産するリスクが高い

ベンチャー企業のデメリットと言いますと、大企業と比べてみて倒産のリスクが大きいということ。実績の少ないベンチャー企業というのは、社会から信頼されているとは言いがたいです。

今後未来に向けたこれまでなかったサービスを提案するため、当該のサービスが社会に受け入れられるかは不透明なのです。もし開発したサービスまたは製品が世間に受け入れられなければ、会社が経営破綻してしまう可能性は一足飛びで高まります。

こちらの不確実性こそベンチャー企業の面白いところと言えますが、いつもながら倒産のリスクと隣り合わせだということは覚えておかなければならないでしょう。

組織が整備されていなく、業務がマニュアル化されていないことが多い

創業年数の浅いベンチャー企業においては、組織が体系化されていないことも割とあります。どんな人が何の業務を担当するのか明白に定められていなく、1人でキャパシティーを超えた業務を抱えてしまうこともあると思います。

また、これから自分たちで会社を作り上げていくため全てが模索状態です。
大企業みたいに業務がマニュアル化されているわけじゃないため、フレキシブルな対応が求められるのです。決まった型に沿って業務につくのが得意な人にとりまして、ベンチャー企業は少し抵抗を感じるかもしれません。

福利厚生が充実していないことが多い

大企業と比べて、福利厚生が充実しているベンチャー企業は数少ないです。基本給は勿論、通勤手当または家賃補助など、大企業の福利厚生はかなり手厚いと言えるでしょう。

ベンチャー企業は基本給が高いところもかなりありますが、それと引き換えにに数々の手当が存在していないケースがあります。ベンチャー企業に転職するのであれば、提示されている給与に一体何の手当が含まれているのかをよくチェックするようにすると良いでしょう。

会社といった組織を活用して成長したいと考える人にとって、ベンチャー企業への転職は理想的な選択だと言えます。しかしながら、何事にもメリットとデメリットがありますので、そこの所を理解したうえで転職を決断するようにしましょう。

第二新卒みたいに、社会人経験のある若手を求めるベンチャー企業は最近非常に多いです。自分自身の実力を伸ばしたい人に関しては、ベンチャーへの転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

看護師転職

看護師

「看護師転職」では有名な大手サイトしかありませんが、異業種転職を考える場合、まず「異業種転職」からスタートしてください

看護師転職は大手医療・中小企業など転職エージェントからスタイルに合わせたオススメ紹介などが便利です

看護師転職

看護師の転職なら【医療ワーカー】
看護師求人紹介 実績No.1【ナース人材バンク】
看護師専門の転職支援サービス:「マイナビ看護師」
看護師さんの紹介会社を選ぶなら【ナースパワー人材センター】
看護師の求人・転職・募集なら【看護のお仕事】
看護師の転職支援はディップ「ナースではたらこ
看護師応援プロジェクト実施中!看護師転職サイト「ナースJJ」
元大手エージェントから転職サイトの登録は3社以上使った方がホワイト企業に行ける可能性が高いそうです。

異業種転職

リクナビNEXT
リクルートエージェント
転職なら【doda】
マイナビエージェント
パソナキャリア

「リクナビNEXT」+「リクルートエージェント」は同じリクルートであっても両方に入っていることはないので3つ以上登録がオススメです。

SMART合格講座

就職対策:SPIテスト、今の転職にはSPIテストが必須です、皆さん自信ありますか?面接行く前にスマホで対策していくはオススメです。

転職が決まったら不要ですが、何度も面接行って落ちてる人は「SPIテスト」の対策は不十分ではないでしょうか?SPIテストが悪い人は受からないです、そのためにこのシステムを会社が入れています。

詳細ページ公式ページ

 

 

悔しさはバネになる

ずっと悔しい気持ちがあって、転職・副業しました。低賃金はお前のストレス解消の奴隷じゃない、私は内向的だったのであの嘘を言えない人間でした、仕事もしないでせっせと社長の機嫌を取る人間と一緒には働けないです。

≫まずは転職をここから始めよう

悔しい気持ちがあって副業で少しでも稼いだら、自信をもって辞めてやろう!

≫我慢するなら副業から

覚えておいてほしい、悔しさは放置してたら後悔になる、今の悔しさを戦えば絶対良くなる。個人の感想ですのでちょっとだけ思ってください。